四十路元年のオンナの腹の中


by umitai513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

問題はそこじゃねえ。沈黙するな、抗え。

事の発端は、昨日。
とどめは、今日。


まずは昨日。
息子が通う学童保育で。


息子が同級生の男の子に喉を殴られ切り傷をおってしまった、
との指導員の方々の報告。

で、






「J君は何も悪くないのに、いきなり殴られて...」
「N君に嫌がらせされて本当に可哀想に!!」
「お母さん、本当にすみません、見ておきながらこんな事が起きてしまって...」
「J君、痛かったね。可哀想だったねえ」
等々、指導員の方々の弁。

それらを聞きながらワタシが感じたのは、違和感。

そこへ、N君の母親がお迎えに。
すかさず、指導員の方がN君の母親にN君がJにした事を説明。
でもって、息子とワタシに謝罪させる形に。

さらに感じる、違和感。

なんだ、これ?
イラつく。

ワタシがイラついたのは、N君でもN君ママでもなく、我が息子に。


指導員の方々にチヤホヤと可哀想がられて、すっかり被害者顔。シュン太郎。

おまえ、なんやねん?!



続いて今日。
またもや、学童保育で。
今回はワタシの目の前で。


迎えに行って帰る途中の通りすがりで。
「Jくんばーいばーい」バッチーン と、
小さなT君という男の子にいきなり思いっきり叩かれる。
端から見てた大人が引くぐらいの強さで。

思わず、ワタシ、
「ちょっと、なにしてんのよ、叩かんといて!やめて!」
と言ったぐらい。

指導員の方も「なんで、いきなりそんなんすんの?!」「謝り!」など。
すると、叩いたT君はワタシの顔を見ながら「ごーめーんー」

指導者:「ちゃんと、謝らなアカンやろ」
T君:「ごーめーんなさいー」とワタシに。

ワタシ:「いやいや、ワタシにじゃなく、Jに言ったってや」と呆れ気味に。

すると、T君は、「じーんーせーいーなんたらかんたら」と意味不明な発言。
なんちゅう可愛気のないふざけたガキや、と思いつつも。

その時ワタシが感じていたのは、
昨日と同じ、違和感。


被害者ヅラした我が息子。今日もシュン太郎。


なんで、怪我するほど殴られてんのに何もせえへんの?
なんで、たとえふざけていたとしても、理由もなく思いっきりどつかれてんのに黙ってんの?
なんで、ふざけた謝り方されてるのに文句も言えへんの?

確かに、昨日の殴った子も、今日のどついた子も悪い。

でも、問題はそこじゃない。
嫌な事をされてもじっと黙っている我が息子の行動が問題だ。

相手は同じ1年生。
ついさっきまで幼稚園・保育園児だった子供達。
そんな相手にどうしてやり返さないのか?
「やりかえさないようにしましょうね」って、たとえ先生方に言われていたとしても、
どうして自分の意思表示をしないのか。

嫌なら嫌と言えよ。
負けてもいいから抗え。
抗ってくれ。
じっと耐えて溜め込むな。

殴られたその瞬間は被害者であっても、被害者で有り続けるべきではない。

息子よ、言うべき時は言う。やるべき時はやる。沈黙すんな。下を向くな。
自分の意思を表現出来るのは自分だけなんだってどうか分かって欲しい。


ちなみに、
ワタシは有段者で。
自分から仕掛ける事は決してないけれど。
たとえ、負ける相手であっても、
やられたら、確実に反射的に向かっていく。
抗わずに下を向いて頭を抱えたりはしないと言い切れる。
そんなことをしたら自分にがっかりする。
その方が許せない。
ワタシのスタンスはこれだ。端から間違っていると言われようとも。
by umitai513 | 2012-05-12 01:36 | 日常ネタ