四十路元年のオンナの腹の中


by umitai513
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今年の阪神淡路大震災の思い出し方

今日。
我が家で取っていない新聞を買いに行きました。
我が家でとっていないその新聞は、
ワタシのトモダチがデスクをしている新聞で。





図らずも、昨日。1月17日。
実家が阪神淡路大震災で被災し、泣きながら記者として被災現場を取材し、
それを本にまとめた、そのトモダチと京都で子連れランチ。
我が子にとって初のホテルでの食事デビュー。
場所は駅ビル内ホテルグランビア15F。

逢うのは約2年ぶり。
ワタシが妊娠腹の時に、ランチをしジミー大西展を一緒に見たとき以来。
で、これまでのこの間は特に今までと変わりなくこまめに情報のやり取りをしているので、
そんな久々感はなかったけれど、やはり、お互い老けたのう。

で、我が子を見るなり、我が子が履いているエアジョーダンを見て、
「エアジョーダンなんか履きやがって!くそ生意気なガッキャのぅ」。
おいコラ。

で、お子は予想外に、少し警戒しちょびっと泣いた程度で、
よく遊んでもらってキャッキャッと上機嫌。
人見知りが超激しい我が子があっさり手なずけられておりました。
さすがは、2児の父。
で、会話といえば、ほぼ、お互いの子供のコト。
当然、色気あるしっとりとした大人の会話などワタシ達の間には存在しておりません。
そして、昨日の会話の中には震災のコトは出なかったけれど、さり気に一言、
「今日の夕刊に僕の家族のコトがコラムとして書かれているから新聞買って帰って」。

が、結局。
そう言っておきながら、お互いに我が子にかまけて忘れてしまっていた。


で、この日の夜に送られたメールにそのコラムが転載。
内容は実家の神戸で過ごしたお正月のこと。
復興住宅に住む母親と近所に住んでいた年老いたおばちゃんの話。
ワタシはこのコラムの元になるの話を聞いていたので、胸にずしんっとくるモノがあり、
これはメール内の文字ではなく、やはり印刷物として残しておかねば、
ってコトで、今日、新聞店に購入しに行った次第であります。


ワタシは毎年、このトモダチのお陰で震災を身近に思い出します。
そして、今年はこんな形での震災の思い出し方をしました。
by umitai513 | 2007-01-18 16:29 | 日常ネタ