四十路元年のオンナの腹の中


by umitai513
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

美人とトンネル。なんたる異常。

こりゃ、いよいよもって自分は異常やも知れぬ。。





なとど思った経験はこれ誰にでもあるのではなかろうかと、
まあ、かのように邪推するのでありますが。
それは単に異常者がワタシだけだとは思いたくない一心からでして。
世間サマの多くは、
「そんなこと思うわけないでしょ!産まれてこのかたそんなくだらない事なんて私はただの一度も思ったことありませんっ!貴方みたいな女と私を同じにしないでよっ!ホント迷惑なんだからっ!そういう所が異常なのよっ!!!あーやだやだ」
やら、
「よしよし、病院に行きな?帰ってこなくていいよ?」なんて事を思っているでしょうが。
まあ、貴方様方のおっしゃる通りです。
と思う。
ええ、被害妄想。


で、ワタシがいよいよもって自分は異常やも知れぬ。。
と最近思っていることはというと、
やたら美人さんにドキドキしてしまうのであります。
まあ、ワタシは前々から可愛い子ちゃんには弱くて、甘くて、
「アッチ(レーズ)なの?」なんて疑惑の目で見られることしばしばでしたが、
実際はまったくその気はないのでなんとも思ってはいなかったのであります。

んが、しかし、
自分でも最近の自分に不審感。

美人さんを見た日はきまって独り言で、
「めっちゃベッピンやったなぁ」
「超美人!超美人!得したわぁ~ん」
などと言ってその日見た美人を回想し、上機嫌のあまり、
その日の夕ゴハンのおかずをいつもよりも
1品も2品も多く作ったりするのであります。

なんたる異常。


それともう1つ我ながら異常だと思うことは、
トンネル。

車でトンネル内に突入するやいなや、
発狂しそうになるのであります。
「くけーーきょーーーくほーーー」などと叫びながら、
トンネルの壁に突っ込みたい衝動にかられそうなワタシが居る。
そして、そんなワタシに「落ち着けー オチツケー」と大声を出して諭すワタシも居る。
そんな2人のワタシを乗せてMY軽がトンネルの出口を目指して走る。
トンネルを抜けると2人のワタシは消える。
で、次のトンネルでまた2人のワタシが乗車してせめぎあうのだ。
で、
「じゃかぁしいわい。お前ら黙ってろっ」
などと素のテンションで独り言を言ってしまう狭い車内。

なんたる異常。



最近、この2つの異常が月に4回、
1日のうちに同時に我が身に起こっております。
それは、現在、京都から神戸まで車で審美歯科の為に通院。
その歯科のお姉ちゃんが美人ぞろい。粒ぞろい。
特に受付の人がめちゃくちゃ美人で、もう、堪りません。

で、車での行き帰りに高速を飛ばしながら、
「美人やったぁ」等と言いながら、
多くのトンネルをくぐる度に前出のように発狂をガマンしているというアリサマ。
脳内が常にチカチカと点滅している気分。


近場で美人の居ないある種の病院いったほうがイイでしょうか。
うくく。
by umitai513 | 2007-06-05 15:31 | 日常ネタ