四十路元年のオンナの腹の中


by umitai513
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:天皇陛下ネタ( 6 )

今も変わらず愛する陛下

1年前の今日。実家の愛猫、天皇陛下に最後に会えた日。

早朝にMY母から半泣きでTELが入り、陛下の調子が悪いと言われ、
電車を乗り継いで陛下に会いに行ったんだった。

あの日から1年。
つい最近の出来事だったような、遠い昔の出来事だったような。

今思い起こせば、骨と皮だけになり軽くなった陛下を抱っこして泣いた時、
オナカの中には既にお子がいたんだなぁ。
ってコトは、陛下が最後にか細くコロコロとノドを鳴らしてくれたアノ音を、
我が子は無意識のうちに感じていたかもしれない。
そう思うと、陛下から貴重なプレゼントを貰ったような気分だ。
陛下、アリガトウ。
君のコトは忘れたことがないし、これからも忘れる筈はないよ。
今でも思い出すとすぐに涙が出てしまうほど、陛下に会いたくて、
抱いて体温を感じたくて、あの蒼い瞳の中に映りたくて、どうしようもなく胸が苦しくなる。


明日が愛猫・天皇陛下が崩御して1年。
我が家の皇太子が「天皇陛下」に即位する日はまだ先、かも。
by umitai513 | 2005-12-27 07:47 | 天皇陛下ネタ
昨日、『天皇陛下』崩御のTELを受けてから、
時間が経てば経つ程に、じわじわ・・と憔悴してしまった。。
泣き疲れてグッタリしているのに、
頭の中だけはとりとめもナイ事柄がグルグル回転。余計にしんどい。
なので、昨夜は安静安眠のお薬を飲んで早めに就寝することにした。

が、しかし。甘かった。。。

我が家の『皇太子』はそんな事情に合わせてくれるような子では、ナイ。
寝ているベッドの上におもちゃを運んできて、キャッキャッと遊びはじめたのだ。
あちゃー、、。
おーい、未来の『天皇陛下』よ、ちっとは、この空気を読んで察してくれよー、頼むよー。


うーむ。。コノ子に【帝王学】を学ばせるにはどうしたらイイのだろう。。てか、ムリか、、。
by umitai513 | 2004-12-29 08:39 | 天皇陛下ネタ
今日の午後4時頃。
実家のネコ『天皇陛下』が死んでしまったというTELが入った。

電話先の涙声の母の話によると、母は今日、
陛下が死んでしまう前に、まず、顔をキレイに拭いてあげて、
虫歯だらけで臭くなっていた口の中も清潔にし、
水を含ませたガーゼで、水を飲ませてあげたのだと言う。

それから、午後の4時頃。
陛下は最期まで陛下らしく、穏やかで、静かに眠るように命を閉じたという。
大往生。
ヨカッタ。。


ワタシは一生、陛下が昨日、最期に喉を鳴らしてくれた、
「コロコロコロ・・」という小さな小さな音を忘れないと思います。
スゴクうれしかったから。


陛ちゃんは本当にイイ子です。いつまでも、いつまでも自慢の家族です。
by umitai513 | 2004-12-28 17:32 | 天皇陛下ネタ
昨日、朝イチにTEL。
ナンバーディスプレイにMY実家の番号。
イヤな予感。

MY母:「もしもし、ミホちゃん、」
ワタシ:「・・陛下に、なんかあったん。。?」
MY母:「もう、アカンみたいやねん。もっともっとガリガリになって、
顔つきもすっかり変わってしまって、体重、1.8キロしかないねん。」
ワタシ:絶句。
MY母:「昨日から立たれへんし、寝てばっかりで、もう、息吐いてるだけの状態やねん。。。」
ワタシ:「行くわ。。」


これより以下はメソメソ長文↓(超長くても良ければ、続きをどぞ)

More
by umitai513 | 2004-12-28 09:56 | 天皇陛下ネタ
ワタシがふざけてこの写真を撮ったけれど、
『天皇陛下』(20歳7ヶ月)にとっては、
たった150gのカエルの『虚脱』さえも重かったみたい。
『虚脱』を背中に乗せたままでは、まっすぐに歩けなかった。。
その老いた陛チャンの姿を見て、また、涙。
陛チャン、ごめんね。
b0031241_9501612.jpg

by umitai513 | 2004-11-22 09:51 | 天皇陛下ネタ
我が家の『皇太子』(3ヶ月)は健康元気なやんちゃな子。
b0031241_9193341.jpg

それに比べ、実家の『天皇陛下』(20歳7ヶ月)は超超超おっとりとした穏やかな子。
ああ、今思えば、陛チャンはホンマに育てやすい子やったなぁ。。てな、感慨に浸り、
死期が近いであろう『天皇陛下』に無性に逢いたくなって、大阪の実家に行った。
9月11日ぶり。(その時の日記)

家に着いて陛チャンの姿を見てワタシもダンナさんも愕然。
たった、2ヶ月でこんなにも姿が変わってしまうのか。。と。

毛の色がすっかり抜けて、白。
骨格が一目で分かるくらいにガリガリになり、
皮が余って顔の形が明らかに変わってしまっている。
髭の本数も激減し、目の焦点は虚ろ。口元もちゃんと閉じられない。
そして、歩く姿は脚の関節がずれてヨロヨロとふらつき、
手の先は爪もひっこめられず、むき出しになってしまっている。。
b0031241_9362672.jpg

b0031241_9373269.jpg

精気溢れる仔猫と生活しているから余計に老いた姿が悲しい。

抱き上げて、以前は丸く柔らかかった、陛下のゴツゴツした体を撫で、
「陛チャン、あんたはホンマにかわいいイイ子やな」って泣きながら言うと、
MY両親も少し涙ぐんでいた。

また逢えるやろか?それまで生きているやろか?
そう思うと胸が詰まる。
by umitai513 | 2004-11-22 09:40 | 天皇陛下ネタ