四十路元年のオンナの腹の中


by umitai513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:メモメモ ( 234 ) タグの人気記事

2014。視界良好。

by umitai513 | 2014-01-01 10:32 | 日常ネタ
[23日には最愛の男の写真を撮り続けるぜいっ!]
ってな、はたから見たら自己満足でしかない行為を、
最愛の男・仁の生後から今までもなお、しつこく続けております。

で、久々の写真公開。
b0031241_0462463.jpg

b0031241_0471896.jpg



すっかり、少年になりました。

もう、ワタシでは遊び相手になってあげられない領域にまで、
息子は順調に成長してくれている。


嬉しい、反面、ちょい寂しい・・


「嬉しい、反面、ちょい寂しい」を
これからいっぱい経験させられて、
ワタシは本当の意味での「母親」になって行くのかもしれない。
by umitai513 | 2013-02-24 00:47 | オヤバカ全開ネタ

祝2013。ドレミ。

2013年。
アケオメでございます。

b0031241_3395580.jpg


まあ、なんつーか、
ドレ巳ってな、基本、ダジャレで。
右肩上がりで、ってな目論みで。

とまあ、そんなこんなで、2013ヨロシクどうぞ。
ぺこり。
平身低頭。
by umitai513 | 2013-01-01 03:53 | 日常ネタ
8月23日。
最愛の男である我が息子・仁が7歳の誕生日を迎えました。マジめでたい。
b0031241_0111171.jpg


More
by umitai513 | 2012-08-26 01:11 | オヤバカ全開ネタ
2012年8月14日。
41歳になった日メモメモ。

More
by umitai513 | 2012-08-18 01:05 | 日常ネタ
押忍!オラ、皇太子!!

って、「オラ」じゃねえよ、「オレ」様だっての!
間違えんなバカ女(←ワタシ)!!


深呼吸、
仕切り直し。


下賤の民よ、オレ様皇太子は7月29日で8歳になったぜ。
ほら、祝え!
祝えよ、オラあ!

って、あ、ここはそういう意味の「オラ」じゃなくて、、、
あ、なんか、ごめんね、オラ、っじゃない、オレ様がややこしい言い方して、
ここの「オラあ」ってさ、ほらほら、勢いで言う「オラあ」って意味でね、
ね、ね、言うじゃん?
え?言わない?あれえ?うそお??
そうなの?
今は言わないって感じな時代って感じなの?
そかそか、じゃあ、仕方ないよね、
うん、ごめん、オラ、めっちゃ反省。
じゃなくて、オレ様、めっちゃ反省。テヘペロ。


再度、仕切り直し。


オレ様が天皇陛下に即位する日も近いのかどうか分かんねえけど、
って、平たく言えば、今の天皇がいつ死ぬか分かんないけど、
とにかく言えることは、
オラの誕生日、7月29日は天皇誕生日になる!!
お楽しみにな!!

やべっ、、オラじゃねえ、オレだってばよ!


とにかく、オレ様が言いたい事は、
宿敵・仁よりもオラが高位だってこと!
Hola Hola Hola!!

b0031241_191659.jpg

by umitai513 | 2012-07-30 01:47 | 皇太子ネタ

チャリ記念日

「 一人で乗れたよ」と君が言ったから五月二十日はチャリ記念日
b0031241_0434197.jpg


最愛の息子J(6)はまだ自転車が乗れなかった。
周りのタメの子達はもれなく4、5歳で乗れている。

小学2年まで乗れなかったワタシの血の影響か。
すまん、息子よ。
と、常々詫びの気持ちでいた。

が、その息子が旦那の特訓の成果で一人で乗れた。
ビバ☆結実。


場所は、ワタシの職場から見える広い駐車。
遠目で確認。
お客さんと喜んで。
バンザイ。いえいっ。
by umitai513 | 2012-05-20 14:23 | オヤバカ全開ネタ
事の発端は、昨日。
とどめは、今日。


まずは昨日。
息子が通う学童保育で。


息子が同級生の男の子に喉を殴られ切り傷をおってしまった、
との指導員の方々の報告。

で、

More
by umitai513 | 2012-05-12 01:36 | 日常ネタ
えー、先に謝っておきます。
ワタシが思いつく、「制服姿の女子高生・・・」の後に付く言葉は、
アレもコレもドレもソレもエグくていかがわしいモノばかりで。
書けません。
即ボツだぜ。

こんな不埒な脳内であいすみません。


総勢15名の可愛い女子高生ちゃん達が、フリフリ。茶筅を。
※お茶道では「茶せんを振る」って言うんだ。

b0031241_1304994.jpg


ミメウルワシイゼ
by umitai513 | 2012-05-04 03:25 | 日常ネタ
そんな状態であった私は、ある日偶然に出会ってしまったのです。
本当の「王」に。
「この家の王」ではない誰もが認める絶対的な「王」に。
思えば、私は元来、強き王に惹かれる性分なのかもしれません。

この家の王である御主人様が不用意に開け放たれた窓の向こう側に、
強く凛々しい王がいらっしゃいました。
私はその姿を見て一瞬のうちに理解していたのです。
この方こそが真の王なのだと。

そう理解すると同時に私は唐突に恋に堕ちていました。


キュン。。


確かに聞こえた胸の響き。
あまりの圧倒的な幸福感に打ちのめされ。
目の底が暗くなり。
私は意識を失いました。。。


恋の奈落の底の底。
私は堕ちて行って逝ったのです。





なんてな、いきさつが有って、
ワタシの前パソコンのVAIO・XPが、
「キュン。。。」と言って逝っちまったんじゃなかろうかと。
妄想してみたり。

※御主人様=ワタシ
※私=PC
※真の王=iMac LION
※母=母音
  キーボードで母音が打てなくなるほどの末期症状で。
by umitai513 | 2012-04-18 02:03 | 不埒な妄想